« 小説「獄門島」 | トップページ | 春めいて »

03/15/2005

小説「妖怪アパートの幽雅な日常 <1>」

香月 日輪 (著) YA!ENTERTAINMENT

このところ、またゲームしたいよ熱に囚われになって、ブログをサボってた せきぐち(仮)2号です。いえ、ゲームはまだまだ終わってませんが、一冊読んだんで^^

内容は、また左の「@niftyBOOKS」で。あんまり書いてないけど、それと題名読めば、大体内容は予想できるでしょう。
著者は、私は初めて読む方です。図書館で、題名と表紙だけ見て、何となく借りてきました。

前半。
少々ストレートな成長物語な気もしましたが、読んでて気持ちよかったんで、さくさくと。

で、中盤以降、まさに今日的な事柄も出てきますが……今の子(「対象: 小学5−6年生  中学生」となってます)なら、全然平気なんでしょうかね、私はおっさんだからいいけど^^ まあお話の流れも、今の子だから読んでほしいって方向ですけど。

さらりと書かれてますが、その事柄のどぎつさと、前半・終わり近くの、こうなんて言葉にしたらいいのかわかりませんが、設定の悪い意味じゃない「甘い」部分とを考え合わせると、私の感覚だと「おしい、ちょっとぶれたかも」って思いました。

しかし読み終わって、続き読みたいかといえば、私はおじさんだし、いろいろ魅力的なキャラクターの大半が登場ってだけで終わってるし、ともあれ読みたいです^^ たぶん次から図書館に行った時に捜す本のリスト上位ですです。

むむー……

ええ、またまた かみんぐあうと しときますよん。

また、いい年のおっさんが泣きましたよ、中盤・ラストとも〜〜^^

がんばれ〜、夕士〜!^^

|

« 小説「獄門島」 | トップページ | 春めいて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小説「妖怪アパートの幽雅な日常 <1>」:

« 小説「獄門島」 | トップページ | 春めいて »